サカ速アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表FWフォルラン、プレミア復帰を否定「イングランドでは二度とプレーしない」

http://syukyuman.blog95.fc2.com/blog-entry-2683.html

47 名前:名無しさん@恐縮です[]:2010/07 /07(水) 06:30:06 id:uToDsC5B0
フォルランなんて大したことない

父親であるパブロ・フォルランは1974年の西ドイツW杯に出場。
15歳で父親の所属していたペニャロールと契約。
学生時代は学業も疎かにせず、成績も優秀であり、高校はモンテビデオ市内有数の名門校に通っていた。
語学が堪能で、母国語のスペイン語に加え、フランス語、ポルトガル語、イタリア語、英語も自在に操る。
テニスの腕も一流で、16歳になるまではサッカーとテニスを両立させていた。また、ゴルフも得意で、ハンディキャップは8だった
しかし、12歳の時に姉が交通事故で下半身不随になり、多額の治療費がかさみ、家計は苦しくなった。
家族を助けるため、プロサッカー選手の道を歩むことを決意する。契約金などは、姉の治療費にあてられた。
。「お金も名声も称賛も要らない。姉が歩けるようになればそれでいいんだ」「点をとれない重圧もあるが、歩けない苦しみに比べたら何でもないこと」と語っている
マンU時代は不遇の時代を過すが、スペインに移籍してからは
2度のリーグ得点王に輝き、2008-2009シーズンは通算32ゴールをあげ、
リーガ・エスパニョーラで30ゴール以上をあげたのは1996-1997シーズンのロナウド以来の記録である

そんなドコにでもいるプレーヤー、それがフォルラン。

ねえちゃん。泣きそうになるわ。おやっさんもW杯でオランダに負けたんだよな。雪辱を果たそうとしてたが‥っていう。